アムウェイがオワコンでダメな理由を遠慮なくぶちまけよう

アムウェイがオワコンでダメな理由を遠慮なくぶちまけよう

アムウェイがオワコンでダメな理由はいくつかありますが、とにかく決定的にオワコンな理由があります。

それが、アムウェイ製品がアムウェイ会員にならなくとも、ネット通販で買えてしまうということです。

しかも製品によっては、会員価格よりも遥かに安くアムウェイの製品を買うことができます。

ということは、製品が欲しいだけなら、アムウェイの会員になるメリットなんてないということです。

オーマイガー!!!笑

ためしに、Amazon、楽天、メルカリ、ヤフオク等々でアムウェイと検索してみてください。

きっと、ありとあらゆる場所でアムウェイ製品が出回っていることに気づいてしまうでしょう。

でも、どうしてこんなにアムウェイの製品がネットに流出しているのでしょうか??

アムウェイがオワコンでダメな理由は買い込みだ!

アムウェイがオワコンでダメな理由はズバリ製品の買い込みです。

製品の無理な買い込みが起きると、在庫を抱えきれなくなったアムウェイ会員がネットに製品をばらまくわけです。

買い込みが生まれる状況は思っている異常に深刻なものです。

アムウェイの製品を傘下のメンバーに無理をして買わせることで、アップラインは一時的な収入を手にします。

たくさんの製品を購入させることで、ポイントが手に入って、収入が入るのがアムウェイの仕組みだからです。

ですが、鍋や浄水器のような大型製品は毎月なんて買っていられません。

なかにはローンを組んで無理をして借金をしてしまうメンバーもいます。

こんなアムウェイのやり方はどう考えても時代に合っていません。

ホリエモンもドン引きの在庫抱え込みビジネス

あの元ライブドア代表取締役の堀江貴文氏は、ビジネスにおいて最も重要なことについてこう話しました。

在庫を抱えずに、利益率が高くて、継続的な収益を見込めるビジネスモデルが稼げるビジネスモデルの条件だと。

アムウェイはどうでしょうか?

在庫を抱えて、利益率が低くて、継続的な収益を見込めない典型的にオワコンなビジネスモデルですよね。

今はアムウェイ以外にも個人で収入を得れるビジネスモデルがたくさんあります。

なにも無理をしてオワコン化したアムウェイを頑張る必要などないのではないでしょうか。

物が売れる時代は終わった

たしかにアムウェイは1990年代は確実にブルーオーシャンでした。

アムウェイのような仕組みを使ったマルチレベルマーケティングは、数社と数えるほどしかありませんでしたから。

ですが、今はマルチレベルマーケティングの企業は数千社以上もありますから、パイの奪い合いです。

昔みたいに、「アムウェイは製品がいいから使ってみたら?」では通用しなくなりました。

いまは物が溢れかえっていますし、何よりアムウェイ製品に引けを取らない製品がたくさん存在しています。

なので、「普段使っている日用品をアムウェイ製品にブランドチェンジすればいいよ」は、もう通用しないのです。

アムウェイがオワコンでダメな理由は報酬プランの難しさ

とくにアムウェイの報酬プランはブレイクアウェイという難易度の高いプランを採用しています。

ブレイクアウェイを日本語に訳すと、ある組織から独立するとか分離するという意味があります。

ようするに独立していく人を何人もプロデュースしていくのがアムウェイビジネスの特徴です。

150万PVのプロデュースしていくスタイルは、アムウェイのイメージが悪い中で

1ヶ月に213万円の流通網を作るのは至難の業

アムウェイの場合、150万PVのグループを作ると21%のグループ収入が入ってきます。

150万PVを日本円にすると、だいたい213万円くらいの購入額です。

例えば、毎月1人あたり4.3万円の製品を購入するグループが50人できたとしたら、150万PVを達成します。

213万円の流通網を作ったら、だいたい30万円くらいの報酬が入ってくる感じです。

ですが、1人あたり4.3万円の日用品を継続してリピートする仕組みは、そんなに簡単には作れません。

仮に半分の2.15万円にして100人のグループを作ったとしても、毎月100%のリピートはまず無理でしょう。

マルチレベルマーケティングの毎月のリピート率は悪いと10%を下回ると言われています。

仮にグループが活性して安定的なリピートをしていても、せいぜい80%くらいが限界です。

独立者を作ると、一時的に収入が激減する

アムウェイでは、何人の独立者を作るかによって、育成ボーナスの額が大きく変わってきます。

例えば、自分のグループから150万PVのグループができると、そのグループは自分の組織から切り離されます。

そのため、30万円ちかく入っていた報酬も、10万円ちかくにまで落ち込みます。

他の企業では同格補償という精度を採用していところが多く、アムウェイほど給料が落ち込むことはありません。

アムウェイで年収1000万円以上は70万人中の0.02%

アムウェイのプランは独立者をたくさん出していくことで、報酬が跳ね上がるプランです。

例えば、150万PVのグループを6人以上作るとダイヤモンドというタイトルに昇格します。

年収にすると最低1000万円~最高2400万円くらいです。

この年収をみると、アムウェイのダイヤモンドは凄く夢があるように思うかもしれません。

ですが、実際のところダイヤモンドになれている人は、70万人の会員のなかで、たったの0.02%です。

この確率は、とてもじゃないけど現実的ではない数字でしょう。

しかもアムウェイのダイヤモンドになっている人は、今から10年くらい前にアムウェイを始めた人ばかりです。

アムウェイがオワコンでダメな理由の決定打はアンチの異常な多さ

アムウェイが日本に来たばかりの頃は今ほどアムウェイの評判はわるくありませんでした。

ですが、無理な勧誘が重なった結果、今ではどこもかしこもアンチだらけです。

その証拠に僕が過去に「僕がアムウェイから学んだこと」と題した記事が炎上し、とんでもないことになりました。

炎上したことで、1日に3万ページ以上も読まれて、たくさんのアンチの人が僕をディスってきています。

僕がたくさんのアンチアムウェイからディスられている様子はコチラから確認できます。

もしかしたら、アンチが多すぎるのが、アムウェイがオワコンでだめな一番の原因かもしれませんね(^_^;)