アムウェイの勧誘が上手い人に共通する3つの特徴

アムウェイの勧誘が上手い人に共通する3つの特徴

今回はアムウェイの勧誘が上手い人の特徴についてお話しします。

一般的にみてアムウェイビジネスは時代に合っていない古いビジネスのためオワコンです。

ただ、アムウェイの勧誘が上手い人にすれば、オワコンであっても問題なくグループ人数を増やすことができます。

今回はアムウェイの勧誘が上手い人は、日頃どんなふうにアムウェイに取り組んでいるのかについてお話ししていきます。

アムウェイの勧誘が上手い人は勉強熱心

まず、間違いなく言えるのが、アムウェイの勧誘が上手い人は過去に失敗を経験しています。

クラウンアンバサダーの山崎拓巳さんも、アムウェイをはじめた当初は失敗続きだったと言います。

失敗が続くと、どうしたときに失敗するのかがわかるようになります。

逆に言うと、失敗の反対側にいけば、失敗する確率がグングン減っていくということです。

なんで失敗したのかを振り返ることで、失敗の数を減らし、回を増すごとに成功しやすくなります。

アムウェイの勧誘が上手い人は過去の失敗から学び、同じ失敗を繰り返さないように行動を繰り返しきたということですね。

逆に失敗から学び取ろうとしない人は、何度も同じ失敗を繰り返し、アプローチリストを無駄にします。

とくに楽をして儲けたい、稼ぎたいという気持ちでアムウェイをやっている人ほど勧誘が上手くいかない傾向が強いと思います。

よって、アムウェイの勧誘がうまくなりたいなら、勉強熱心であることも1つの重要な要素だと言えるでしょう。

アムウェイの勧誘が上手い人は相手の価値観を受け入れている

びっくりするかもしれませんが、アムウェイの勧誘が上手い人は、とにかく懐が大きいです。

例えば、アムウェイにたいして否定的なことを言ったとしましょう。

ですが、アムウェイの勧誘が上手い人は過敏に反応することはしません。

むしろ、笑顔でその否定的なことを受け入れて、話してくれてありがとうと言うくらいです。

余裕があるアムウェイ会員ほど、売りを手放して人と接しています。

売りを手放している人は警戒されることも少ないため、アンチだった人でさえアムウェイの会員になることがあります。

ここまでくると、もはや神レベルですね。

知人のダイヤモンドの勧誘手法

僕の知っているダイヤモンドは、相手からアムウェイの嫌なイメージをすべて聞き出していました。

そして、相手が何も話すことがなくなった状態になっら、アムウェイ以外の話をします。

相手の興味のあることや趣味の話などをして、たわいもない話をすることで相手の警戒心を解くためです。

この人からだったらアムウェイの話を聴いても良いかな?

↑そんなふうに思ってもらえるくらいに相手との距離を縮めていきます。

アムウェイの勧誘が上手い人はしつこくない

アムウェイの勧誘と聞くと、ものすごくしつこそうなイメージがあると思います。

ですが、アムウェイの勧誘が上手い人は、しつこい勧誘は全くしません。

アムウェイは手段の1つであって、誰もが全員アムウェイをやる必要なんてない。

↑そんな考えさえ持っているディストリビューターもいます。

もちろん、本気でアムウェイに取り組んでいきたい人には熱心にサポートしますが、そうでない人にはシツコイ勧誘はしません。

とくに勧誘が上手い人ほど小手先のテクニックなどは使わずに、その人と真正面から向き合っています。

人は追っかけられると逃げたくなる生き物です。

そういう意味では、来るもの拒まず去る者追わずのスタンスでアムウェイに取り組んだほうが良い結果を呼び起こすことができそうですね。

おまけ:アムウェイの勧誘が上手い人は外見にも力を入れている?

もし、あなたがいまアムウェイビジネスにチャレンジしていて勧誘が上手くいかないと悩んでいるなら、全くちがった形でアプローチすることを意識すると良いかもしれません。

例えば、服装や髪型を全く違ったものにすることで印象を大きく変えることができます。

いわゆる意外性やギャップと呼ばれている部分ですね。

例えば、男性の人なら、ひげを生やすことでビジネスの調子が一気に飛躍するケースがあります。

もちろん、清潔感のある状態でないといけませんが、見た目の印象を大きく変えることができます。

他にもスーツから、おしゃれなカジュアルスタイルに変更することで成果が上がる場合もあります。

自分にあった服装を見つけることは、アムウェイビジネスを加速化させる大きな理由になるので、ぜひ意識して頂ければと思います。

余談になりますが、ハーバーライフという外資のネットワークビジネスをしているトップディストリビューターの男性は常にジャージを着ていました。

ジャージを着ながら活動しているディストリビューターなんて ほとんどいません。

人と違うことをするというのも1つの長所になるので、その辺りも意識してみてもいいですね。